進学や受験に有利の英検資格|小学生から語学を身につける方法

英語教育を幼児期から学ぶ

男の子

日本人でも学べる

インターナショナルスクールは日本に住む外国人の児童や帰国子女のための教育機関であり、幼稚園から高等学校までの施設があります。教育内容は主に英語を使用しており、指導者も外国人であることから日本において英語圏の学校と同じような教育を受けることが出来るのです。本来であれば外国人向けの教育機関ながら幼少期から英語の授業を受けられることからインターナショナルスクールへの日本人入学者も多くその数は年々増加傾向にあるようです。その背景には日本国内で異国教育文化や国際的英語力を身に付けることが出来るのです。将来グローバルな人材として育っていくために英語を小さい頃から学べるインターナショナルスクールは日本国内にある既存の教育機関よりも魅力であると言えます。

問題点

ただしインターナショナルスクールは文部省の定める学校ではないため日本では各種学校として扱われています。そのため義務教育を受けていないことになるので卒業して日本国内の大学に進学を希望していても受験規定から外れる可能性があるのです。インターナショナルスクール卒業生は海外の大学へは進学できますが、国内の大学へ進学できるのかは希望する大学次第となります。そのため日本人の方でインターナショナルスクールにお子さんを通わせたいのであれば、その点を考慮しておく必要があります。通いたいと考えているスクールがHPを運営している場合は、それをチェックして大学進学が可能か確認してみましょう。詳しく知りたい方は資料請求をすることもできます。